大歓喜トップ >> 拡張移動サ音度名唱 >> 「拡張移動サ」音度名表(2)

この表は、多様な旋法を、主音の音度名を「サ」に固定して歌い分けるために、南インド古典音楽の音度名をもとに拡張したものです。
表の各マスの中は、音度名のカタカナ表記、括弧内にその音声表記、そしてそれらの下に基準音「サ」からの音程関係となっています。
基準音サの音高は任意で、そこからの音程関係により、相対的に音度名を取ります。曲中で主音が変動すれば、サの位置が変わります。
実用上の読み方はカタカナ通りを想定していますが、ここでの音声表記について詳しくはこのサイトでの言語表記方法を参照してください。

41分割による音度名表

※ 表組を左右スクロールしてご覧ください

音程 段数 主音 プールヴァ=アンガ(下半支) ウッタラ=アンガ(上半支) セント数
S svara R svara G svara M svara P svara Dh svara N svara
伸短九度 +45 セゥ(s#i) ラ(ra) グァ(g#e)          
屈短九度 +44 シ(si) ラォ(r&a) グㇺ(g$m)          
縮九度 +43 セ(se) レォ(r&e) グㇴ(g$n)          
伸八度 +42 サェ(se+) ルㇽ(r$l)            
完全八度 +41 サ(sa)             1,185.36~1,214.63
屈八度 +40 サォ(s&a)           ヌㇽ(n$l) 1,156.10~1,185.36
拡七度 +39 セォ(s&e)         ドㇺ(dh$m) ノェ(n%o) 1,126.83~1,156.10
伸長七度 +38 ソ(so)         ドㇴ(dh$n) ヌュ(n%u) 1,097.56~1,126.83
屈長七度 +37 スァ(s#e)         ド(dho) ヌ(nu) 1,068.29~1,097.56
中立七度 +36           ドァ(dh#e) ネゥ(n#i) 1,039.02~1,068.29
伸短七度 +35           ドェ(dh%o) ニ(ni) 1,009.76~1,039.02
屈短七度 +34           ドュ(dh%u) ネ(ne) 980.49~1,009.76
縮七度 +33           ドゥ(dhu) ナェ(ne+) 951.22~980.49
拡六度 +32           デゥ(dh#i) ナ(na) 921.95~951.22
伸長六度 +31           ディ(dhi) ナォ(n&a) 892.68~921.95
屈長六度 +30           デ(dhe) ネォ(n&e) 863.41~892.68
中立六度 +29           ダェ(dhe+) ノ(no) 834.15~863.41
伸短六度 +28         ペゥ(p#i) ダ(dha) ヌァ(n#e) 804.88~834.15
屈短六度 +27       ムㇺ(m$m) ピ(pi) ダォ(dh&a) ヌㇺ(n$m) 775.61~804.88
縮六度 +26       ムㇴ(m$n) ペ(pe) デォ(dh&e) ヌㇴ(n$n) 746.34~775.61
伸五度 +25       ムㇽ(m$l) パェ(pe+) ドㇽ(dh$l)   717.07~746.34
完全五度 +24       モェ(m%o) パ(pa)     687.80~717.07
屈五度 +23       ムュ(m%u) パォ(p&a)     658.54~687.80
拡減五度 +22       ム(mu) ペォ(p&e)     629.27~658.54
伸減五度 +21       メゥ(m#i) ポ(po)     600.00~629.27
屈増四度 +20       ミ(mi) プァ(p#e)     570.73~600.00
縮増四度 +19       メ(me) ポェ(p%o)     541.46~570.73
伸四度 +18       マェ(me+) プュ(p%u)     512.20~541.46
完全四度 +17       マ(ma) プ(pu)     482.93~512.20
屈四度 +16     グㇽ(g$l) マォ(m&a) プㇽ(p$l)     453.66~482.93
拡三度 +15   ルㇺ(r$m) ゴェ(g%o) メォ(m&e) プㇺ(p$m)     424.39~453.66
伸長三度 +14   ルㇴ(r$n) グュ(g%u) モ(mo) プㇴ(p$n)     395.12~424.39
屈長三度 +13   ロ(ro) グ(gu) ムァ(m#e)       365.85~395.12
中立三度 +12   ルァ(r#e) ゲゥ(g#i)         336.59~365.85
伸短三度 +11 ロェ(r%o) ギ(gi)         307.32~336.59
屈短三度 +10   ルュ(r%u) ゲ(ge)         278.05~307.32
縮三度 +9   ル(ru) ガェ(ge+)         248.78~278.05
拡二度 +8   レゥ(r#i) ガ(ga)         219.51~248.78
伸長二度 +7   リ(ri) ガォ(g&a)         190.24~219.51
屈長二度 +6   レ(re) ゲォ(g&e)         160.98~190.24
中立二度 +5 ラェ(re+) ゴ(go)         131.71~160.98
伸短二度 +4 セゥ(s#i) ラ(ra) グァ(g#e)         102.44~131.71
屈短二度 +3 シ(si) ラォ(r&a) グㇺ(g$m)         73.17~102.44
縮二度 +2 セ(se) レォ(r&e) グㇴ(g$n)         43.90~73.17
伸一度 +1 サェ(se+) ルㇽ(r$l)           14.63~43.90
完全一度 基準音 サ(sa)             -14.63~14.63
伸一度 ー1 サォ(s&a)           ヌㇽ(n$l)  
縮二度 ー2 セォ(s&e)         ドㇺ(dh$m) ノェ(n%o)  
屈短二度 ー3 ソ(so)         ドㇴ(dh$n) ヌュ(n%u)  
伸短二度 ー4 スァ(s#e)         ド(dho) ヌ(nu)  

赤文字の音程は、純正律長音階の幹音。 ※背景が緑色の音程は、南インド古典音楽の基本旋法の幹音。(旋法カナカーンギー) 
※背景が緑色黄色の部分の音度名計16個は、南インド古典音楽の、旋法諳記用音度名(ラリル唱法)。
※背景が水色の部分は、緑色黄色からの1シュルティ差で、22シュルティの区別に含まれる、同等の重要性のある音程である。
※背景が白の部分は、その他の私による拡張音度。西洋式五線譜の記譜法や、より奇矯な旋法に柔軟に対応するための拡張である。
※段数の背景が黒い段は、12平均律に当てはめる場合に主音相対基準で標準として用いる段。
※私の場合、楽譜への書き込みには、混乱を避けるため、カタカナやローマ字ではなく、インド系の文字から適宜変形した独自の文字を使う。
※各段の中でさらに細かい音程差を区別するには、各段を5分割し、低いほうから順に、各音度名末尾に、k(ㇰ)・s(ㇲ)・h(ㇵ/ㇶ/ㇷ/ㇸ/ㇹ)・t(ㇳ)・p(ㇷ゚) を付けて書き分ける。


(最終更新 

大歓喜トップ >> 拡張移動サ音度名唱 >> 「拡張移動サ」音度名表(2)

^